セラピストの仕事内容

「セラピストになりたい!」でも、セラピストってお客様のマッサージ以外に何をするんだろう?そう思ったことのある人もいるのではないでしょうか?本記事では、Bodysh現役セラピストが仕事内容について詳しく紹介します。

セラピストのお仕事はアロマオイルを使った施術(マッサージ)を行いお客様に癒やしを提供します。

お客様のお疲れ、お悩みは人それぞれです。中にはご自身では気づいていない疲れ、お体の不調もあります。カウンセリングでお客様とお疲れやご希望を伺い施術を行います。メインとなる施術(マッサージ)はスタッフではなくお客様が主導で行います。

さまざまな手技を使ってお客様の心地よい力加減、お疲れのポイントへのアプローチを行います。施術を通してお客様の心身のお疲れ、お悩みの改善のお手伝いをさせていただきます。

  • セラピストとはどんなお仕事?のイメージ
  • お客様をお迎えするまでにもセラピストのお仕事はたくさんあります。お部屋の掃除、ベッドメイキング、備品の補充、お拭き取りのホットタオルの作成、カルテの準備、本日のご予約状況の確認、その日のお天気や気温に合わせた室温の調整、お客様の室内用のお履物の準備などがあります。

    【お出迎え】
    お出迎えは、お客様とのファーストコンタクトになるのでとても重要なポイントです。以前ご来店されたことがあるお客様の場合は必ず事前にカルテを確認しておきます。ご来店の際にお客様が安心していただける雰囲気を作り、爽やかな笑顔でお出迎えします。

    店内にご案内させていただいたらカウンセリングを行います。

    【カウンセリング】
    施術が一番核となるお仕事ですが、施術を行う上で最も重要なのがカウンセリングです。セラピストはまず、カウンセリングによってお客様ご自身の言葉で、疲れや気になるところを伺います。

    お客様から伺ったお話をもとにさらに深く生活習慣、心身の気になるところを掘り下げます。会話を行うことで、お客様の緊張をほぐし、お客様からの言葉を引き出すこともセラピストの仕事の一つです。

    カウンセリングを行うと、お客様のお疲れ、お悩みを共有することができ、より満足度の高い施術(マッサージ)に繋がります。

    カウンセリングで伺った情報をもとに使用させていただくアロマオイルを選んでいきます。アロマオイルは香りの成分によって心身への作用があり、お客様の疲れや悩みによって選んでいただきます。

    香りのお好みで選んで頂くことで気持ちのリラックスにもなるので、効能、香りの印象などを踏まえて、サンプルで確認いただきます。(お体が欲している成分の香りが心地よく感じられると言われています)

    【お部屋へのご案内】
    カウンセリングが終わったらお手洗い等の確認を行った上でお部屋へご案内します。お部屋はリラックスしていただくため照明を少し暗くしていることがあります。

    お部屋に入っていただくとお荷物置きやアクセサリーBOXのご案内をお声掛けします。ベッドに座っていただき、施術前の説明を行います。

    【施術前の説明】
    本日のコース内容や、施術の進め方、お着替え、お待ちいただく間のご案内等を説明します。一通りのご説明をさせていただいたらお客様のお着替え中に退出し、お客様の外履きの片付け、カウンセリングシートのデータ入力、ブレンドアロマオイルの準備等を行います。

    お客様のお着替えが終わられた頃にお部屋に伺います。

    お客様のお着替えが終わられた頃にお声掛けし、入室します。お客様の履いているスリッパを片付け、タオルワークを行います。

    Bodyshではお着替えを終えられたお客様にはベッドに仰向けまたはうつ伏せになって掛けタオルを足から肩まで掛けてお待ち頂いています。タオルワークはこの掛けタオル、ベッドにしいている敷タオル、枕、髪の毛を束ねるためのターバンにするタオルを整える作業です。このタオルワークはお客様にリラックスして施術を受けていただくのと同時に施術をスムーズにすすめるためにも重要なポイントです。

    タオルワークが終わるとお部屋の温度等を確認して施術に移ります。

    施術はお客様からカウンセリングで伺った情報をもとに行います。

    基本的には施術はご予約頂いたコースによって決まっていますが、『肩凝りがつらい』、『浮腫みを取りたい』などお疲れの状態に合わせて行います。

    施術はお客様が主導で行います。癒やしやリラックスを目的とせれている方がほとんどなので、心地よいお声掛け、力加減の調整を行います。お客様のお体を触らせていただき、セラピストとして気がついてたことがあればアフターカウンセリングでお客様と共有します。

    カウンセリングでは伺っていなかったお体のお疲れ、施術前に施術前後の変化、施術後のフィードバック。心身のお悩みを伺ったら、お客様にあった施術を行います。

    施術は基本的にはコースに含まれている部位はすべて触らせていただきますが、お客様のご要望などを確認して行います。苦手な箇所やお怪我をされている箇所を省く、お疲れの箇所を長く施術させていただく等、カウンセリングでは伺いきれなかったことがあれば、臨機応変に対応していくのもセラピストのお仕事です。

    すべての施術が終わったらホットタオルを使用してオイルを軽くお拭き取りします。基本的にはアロママッサージで使用するブレンドオイルはお肌に浸透せせていただくと保湿作用もありますが、衣類などに付くと取れにくいためお拭き取りを行います。

    お拭き取りが終わったらお着替えやティースペースでのお茶の案内を行い退出します。

    ティースペースでアフターカウンセリングを行います。

    アフターカウンセリングでは、お客様のお体の状態に対してのご説明や施術前後の変化、ご自宅でのセルフケアを行います。最初のカウンセリングではお客様が感じている心身の疲れを伺いました。アフターカウンセリングでは、実際にお体を施術したセラピストの目線での疲れの状態をお伝えします。

    そして、施術によって浮腫みが取れて足のラインがスッキリした、冷えていた手足の血行がよくなり全身が温まったなどお体の変化があればその点もお伝えします。

    お客様の施術の感想やご質問等もこの時に伺うことが多いです。その日に受けていただいたコース以外にもお客様にとってより適したメニュー、コースがあればご紹介します。

    ホームページや予約サイトを見てご予約いただくと思いますが、セラピストからお伝えすることで、コースやメニューの内容をより詳しくお伝えできます。

    お客様のお体の状態に合ったペースでの次回ご来店いただく時期もお伝えします。

    【お見送り】
    お茶を飲み終え、お帰りのお客様のお見送りを行います。お客様が帰られる前に外履きを用意し、施術室にお忘れ物がないか事前に確認しておきます。店舗のポイントカードをお渡しし、店舗入口でお客様のお見送りを行います。

    【お客様退店後の作業】
    お客様がお帰りになったらスリッパ、お部屋の片付け、担当させていただいたお客様のカルテ入力等を行い、次にご来店いただくお客様をお迎えする準備を行います。

    【次回予約の入力】
    お客様から次回のご予約を頂いたら、必ずその場で入力します。

    お最後のお客様がお帰りになったら閉店業務を行います。閉店業務では、売上確認、レジ金の確認、カルテの入力確認、備品補充、ゴミ出し等細かい細かい業務ですが、これも大事なお仕事です。

    お金の管理はお会計ごとに確認していますが、再度行い、何重にも確認しています。ご予約の状況によって、日中に入力しきれなかったカルテの入力もその日のうちに行いカウンセリングシートを保管します。

    備品補充やゴミ出し等は店舗によって行うタイミングが異なりますが、時間に余裕がある時に行い、開店時にスムーズにお客様をお迎えできるように心がけています。

  • セラピストの1日を紹介のイメージ
  • セラピストとして技術の向上は必要なお仕事です。より満足度の高いサービス、施術を行うことで、お客様のお疲れやお悩みに対して適切な技術を提供することができます。そのため、スタッフ同士での情報の共有や技術の確認は大変重要なお仕事になります。

    基本的にはおカウンセリングや口頭、施術で伺ったお客様の情報はすべてカルテに入力し、次回のご来店の際に確認できるよにしています。スタッフ同士で行う情報共有とは、お客様からお店に対してのご要望や、施術に関しての確認などです。

    Bodyshでは研修を受け、チェックを合格したセラピストのみ店舗で勤務しています。

    働いている中でも実際にお客様の施術を何件か担当させていただくと、疑問やもっとお客様に喜んでいただきたいという思いが出てきます。そういった時に、他のスタッフと疑問を解決したり、お互いの技術を確認することでセラピストとしての質を高め合います。

    カルテの入力・管理、備品の在庫確認、発注、お金の管理などはお店で働く上で大事なお仕事になります。

    【カルテの入力・管理】
    お客様にご記入いただくカルテには個人情報も含まれています。この情報はご予約の確認や施術以外に使用することはありません。(お客様から希望があればキャンペーン等のダイレクトメールやLINEをお送りします)

    この情報管理もお店とお客様の信頼関係に関わるものとして大切に扱っています。そのため、カルテの入力・管理は徹底しています。

    【備品の管理・保管】
    備品の在庫管理を行うことで、お客様へのサービスを円滑に行います。備品が不足すると一番ご迷惑をおかけしてしまうのはお客様です。

    お客様へのサービスが途切れないように普段から店舗スタッフは備品の在庫管理、保管等を気をつけ、定期的に発注も行います。

    【お金の管理】
    お客様の施術にはお会計でのお金のやり取りがあります。釣り銭の用意、レジ金の確認、売上の確認を行うことで、お会計をスムーズに、正確に行います。

    お金の取り扱いは特にお店とおお客様との信頼関係に関わることなので、特に注意しており、間違いがないように行います。

  • プラスαの仕事をご紹介のイメージ
  • セラピストとしてお仕事をさせていただくやりがいは、お客様からのお褒めのお言葉です。

    アロマオイルマッサージなので、気持ちいいのは当然ですが、お客様の期待以上の施術やサービスで感動していただくことがあります。

    お客様に感動していただく施術やサービスは簡単なことではありません。そのために、私達セラピストは知識や技術を学び、お客様の施術やサービスに繋がるように心がけています。

    お客様から自然に出てくるお褒めに言葉はセラピストの活力にもなります。

    以前担当させていただいたお客様で、アロママッサージは正直に苦手という方がご来店されたことがあります。

    その日もたまたま、ご家族が母の日のプレゼントとしてご予約され、半ば仕方なくご来店されました。カウンセリングではお体の状態や施術に関してのご要望などを伺い、アロママッサージが苦手な理由はお客様がおっしゃるまで伺いませんでした。

    カウンセリング、お部屋へのご案内、お着替えの段階では早く帰りたいといったご様子でした。施術を初めてすぐにお客様から深呼吸が聞こえ、徐々に寝息に変わっていきました。

    力加減などやお部屋の温度の確認など最低限のお声掛けにとどめ、施術を最後まで行うと、「もう少し延長してもらえませんか?」とご要望がありました。

    次のご予約までに少し間がありご希望に応じて施術を再開すると、「アロママッサージで今まで気持ちいいと感じたことがなくて、すぐに疲れた状態の体に戻ってしまうので意味がないと思っていた。今日マッサージしてもらって衝撃だった。イメージが180度変わった」と興奮したようにお話がありました。

    施術後も、何度のご感想を伺い、お帰りの際には次回のご予約までいただきました。このお客様は定期的のご来店いただき、3年ほど担当させていただいています。

    セラピストはアロママッサージを通してお客様の癒やしのお手伝いをさせていただくお仕事ですが、お客様に感動していただき、アロママッサージがお客様の生活の一部になる瞬間に立ち会った出来事でした。

  • お客様とのエピソードを紹介のイメージ
  • セラピストというお仕事は、ゆったりとして快適な空間でいい香りに囲まれた他のお仕事に比べると楽なお仕事に見えるかもしれません。

    しかし、実際には、肉体労働でもあり、常にお客様やとかのセラピストの動きを確認し、施術やサービス、コミュニケーションを行う繊細なお仕事でもあります。

    特に、新人セラピストとしてお客様の施術に入ると、多くのセラピストが腕や手首、肩、首など上半身の痛みや疲れを感じます。これは実際には施術を行う上で無理をして肩に力が入りすぎてしまうために起こります。体の痛みを感じて辞めてしまうセラピストも少なくありません。

    しかし、正しい体の使い方を身につけることで、楽に施術を行い長くセラピストの仕事を続けることができます。お客様への施術に一生懸命になりすぎて、力が入ることは少なくないですが、自分の体を労り、体に負担の少ない施術を身につけるのも大事です。

    アロママッサージは本来、力を入れるマッサージではありません。長くセラピストを続けると時にはスランプに陥ることもあります。

    体や施術に違和感を覚えたときにはセラピスト同士で相談し合ったり、技術を確認合い、お互いの良いところを吸収し合うとよりセラピストの仕事を面白く感じられると思います。

  • 仕事で大変だったこと・困ったことのイメージ
  • セラピストになりたい理由や興味を持つ理由は人によってさまざまです。いつか自分のお店を持ちたい、しっかり稼ぎたい、アロマテラピーが好きで好きなこのと仕事にしたい。どんな理由でセラピストになっても間違いではないので自信を持ってこのお仕事に飛び込んでみてください。

    セラピストになったら同じお店で働く仲間は困った時に助けてくれ、喜びや感動を共感できる存在です。誰でも最初は新人セラピストであり、失敗やつまずくこともあります。先輩セラピストも同じ様な経験を経て技術や接客を身につけています。自信がない時、困った時はぜひ先輩セラピストを頼ってください。

    先輩セラピストにとっても、自分自身の施術や接客を見直すいい機会になります。そうすることでお互いにセラピストとしての質を高め合うことができ、セラピストのお仕事がますます楽しくなると思います。

    思い立ったらまずBodyshへご連絡ください。セラピストのお仕事について詳しく知っていただけると思います。

  • これからセラピストを目指す方へのメッセージのイメージ